コミュニケーションから生まれる誤解と人間関係のトラブルなついて。自覚のないパワハラ等は、法律相談に。

トラブルやパワハラの法律相談について
トラブルやパワハラの法律相談について

誤解から生まれるトラブルとパワハラ、その法律相談について。

世界的に見ると、日本語は大変変わった、文法構造を持っています。主語が極めて曖昧でも、相手に意図が伝わるというメリットがありますし、また日本語で話す人々もまた、相手の意図を汲み取る努力を欠かす事がありません。曖昧な言葉や擬音が多いのが日本語の特徴だと言われており、実にユニークな言語だと評価されています。ただ、注意しなければならない点もあります。日本語は親しい間柄の相手には、本音やニュアンスが通じやすいというメリットがある一方で、他者に対しては誤解を生みやすいというデメリットを抱えています。さらに、社交辞令や営業スマイルが多用される今日の日本社会、どうしても人間関係を築く上で、誤解が生まれる部分があります。また発言者やリーダーが、相手の気持ちを汲み取る能力に欠けているケースも珍しくなく、部下やクライアントが、自覚のないパワハラに悩まされるケースも目立って来ています。大抵の場合、発言者は自覚がないため、説得や説明を進める事は困難です。

職場やプライベートでのパワハラ、セクハラについては、プロの元に法律相談を行った方が良いかもしれません。自覚なきリーダーや人物には、常識が通じない事も多々ありますので、プロの弁護士による警告や説得でしか、効果が現れないケースも残念ながら多いのが実態です。
Copyright (C)2016トラブルやパワハラの法律相談について.All rights reserved.