クリエーターが増加している現代社会のリスク。現代は盗作被害に遭遇しやすい時代です。困ったら法律相談に。

トラブルやパワハラの法律相談について

創作行為と盗作、困ったことがあれば法律相談に。

近年ではクリエイティブな活動に興味を示すユーザーが増えて来ております。パソコンやペイントソフト等も、最近では非常にリーズナブルな価格帯になり、誰でも絵画やイラストにチャレンジ出来るインフラが整いつつあります。自作のイラストやアニメーションを公開するインターネットユーザーも大勢います。正に国民全員がクリエイターになれるチャンスがある時代です。ただ、クリエイターになれる敷居が下がった事に関連して、著作権法に関する理解が、遅れている部分があります。特に日本の社会はどうしても、実際の法律にも、業界や世間の慣例によって動いている側面が強く、著作権法が厳格に運用されていない部分も目立ちます。そのため、未熟なクリエイターが、いわゆる「パクリ行為」を確信犯で繰り返す事も珍しくありません。他人のイラストや創作物を盗む人々が今では残念ながら、増加傾向にあります。実際に自作のイラストが被害に遭ったと話すネットユーザーも珍しくありません。

そういった被害は、自分一人だと泣き寝入りするしか無い場合が多いです。盗作者について、厳格な処置を求めたいならば、法律相談という手段を講じた方が良いでしょう。プロの弁護士の支援を受ければ、著作権法の観点から、悪質なクリエイターに適切な処置を与える事が出来ます。

関連リンク

Copyright (C)2017トラブルやパワハラの法律相談について.All rights reserved.