インターネットユーザーの増加によって引き起こされる、ネット上のリスクについて。目に余る迷惑行為は法律相談へ。

トラブルやパワハラの法律相談について

インターネット上での迷惑行為に関する法律相談について。

コンピュータリテラシーやメディア・リテラシーと呼ばれる言葉が存在します。近年、コンピュータやインターネットを利用する人々が大勢います。最近の傾向としては、まだ社会経験が乏しい子どもたちや女性がネットに参加するケースがあります。インターネットの仕組みやsnsのシステムをよく理解しないまま、ネット上で発言を始めるユーザーもいており、やや問題視されています。単純な迷惑行為であれば、運営者に通報し、適切な処理を進めてもらえばオーケーでしょう。しかし、近年では徒党を組んでBlogやsnsのアカウントに攻撃を仕掛ける学生や女性たちもいており、油断出来ない部分があります。一度、アカウントやBlogが「炎上」してしまうと、事態は深刻化します。中にはイタズラの限度を理解しない、未熟なインターネットユーザーもいており、法律的なアプローチが必要なパターンも珍しくありません。

あまりにも目に余る迷惑行為を繰り返すユーザーやフォロワーがいれば、その行為について、法律相談を進めてみるのも良いかもしれません。今ではちょっとしたネット上のトラブルの相談にも対応してくれるプロ達がいており、迷惑行為の防止について、知恵を貸してくれます。

関連リンク

Copyright (C)2017トラブルやパワハラの法律相談について.All rights reserved.